天地書附 141年

おかげは和賀心にあり

書附 日英明治6年(1873)旧暦3月15日(新暦4月11日)、金光大神は、ご神命により天地書附(天地金乃神(の)書付・天地乃神の書付)を書き始め、信奉者に信心の要諦として、手渡すようになりました。この日から、今日で141年目の日をお迎えしました。
生神金光大神
天地金乃神 一心に願
おかげは和賀心にあり
今月今日でたのめい

常盤台教会では、日々のご祈念で日英両語で「天地書附」をお唱えさせていただいております。英語から新たに天地書附の内容をいただくことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です