三宅歳雄教話選集完結

聖・地・泉・光・園・御・神・願・成・就

泉尾教会では、8月31日に三宅歳雄大人之霊神15年祭が執り行われ、偲び草として三宅歳雄教話選集が出版されました。

IMG_1230この教話選集出版の端緒は、泉尾教会ご布教60年記念大祭(昭和60年)に講談社より『なんでもの願い』が公刊されことがきっかけとなりました。この『なんでもの願い』は、前教会長先生も編集者のひとりとして当時御用に当たられました。その後、平成9年より『聖地を頂く時』『地上の星たれ』『泉わき出づる』『光かがやく宮』『園に集う人々』『御用に生きる』『神が世に出た』『願いひとつに』と刊行され、今年『就してなお信』の全十巻完結となりました。

この度、泉尾教会親先生より全十巻に『なんでもの願い』を合わせた十一巻のコンプリートBOXのお下がりをいただきました。三宅歳雄 教話選集全十一巻に収録された「いのちの言葉」である三宅歳雄大人のご教話は、353話に上ります。早速ご神前・ご霊前にお供えさせていただき、御礼を申し上げました。

改めて泉尾教会大恩師親先生と称える、三宅歳雄大人の信心と祈りをいただき直すべく、この教話集を読み返してみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です