金光大神祭・復興祈願祭 東日本大震災大海嘯八年祭

東日本大震災・大海嘯 災没之霊璽

教会長祭主のもと、金光大神祭・復興祈願祭 東日本大震災大海嘯八年祭が執り行われました。祭典後のご教話で「生も死も 自然の中に賜びしいのち 世話になり歩む 一すぢの道」という四代金光さまの御歌を紹介され、日に日生きることが信心であることの内容を話されました。

ご教話後、祖霊殿に斎き奉る東日本大震災大海嘯災没之霊に玉串を奉奠し、霊の立ち行きと安寧、慰霊の真を捧げました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

典楽会関東支部練習会

次の記事

春の祖霊大祭