石巻市ひがし保育園落慶式

わかばの行く末を願って

石巻ひがし保育園 落慶式泉尾教会親先生のお伴をして、教会長先生は、金光教東日本大震災三年祭の翌日、宮城県石巻市伊勢町にある「社会福祉法人 輝宝福祉会 石巻ひがし保育園 (園長 内海恵子氏)落慶式」に参加しました。来賓には、石巻副市長はじめ多くの方が落慶をお祝いされました。この保育園は、震災時に避難先だった曹洞宗 洞源院 住職小野崎秀通師が「地域復興と再生には、子供たちの笑顔、若い世代の力がなければ実現できない」との思いから、保育園の設立に取り組まれました。その活動に国際宗教同志会(理事長・泉尾教会長 三宅光雄師)は支援され、この度の保育園落慶となりました。

僧侶衆による落慶法要洞源院 小野﨑師挨拶
園児によるパフォーマンス 保護者会からの感謝
園児は精一杯感謝を来賓方に伝えた

この保育園は、周辺地区ではかつて9箇所あった保育所が震災で全滅して後、最初に開園する保育所です。支援は、日本国内のみならず、フランスアメリカからなど多くの個人、団体から支援がありました。式典では、4月から入園予定の園児たちがお礼の歌を披露し、可愛い喜びの歌声が真っさらな園舎に響いた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

天地金乃神祭・月霊祭

次の記事

祖霊大祭