ご挨拶(金光教常盤台教会長 三宅道人)

金光教常盤台教会は、教主金光さまの御取次をいただいて昭和38年、現在地にお道開きの第一歩をふみ出しました。(予備布教所開設)。初代教会長・三宅美智雄師(泉尾教会長・三宅歳雄大人の次男)が大阪を出発。この時、泉尾教会大恩師親先生(三宅歳雄師)から「(常盤台教会は)あんたの死に場所を与えられた。アホでもできる一所懸命」とお言葉をいただきました。

以来人助け、世助けに取り組み、教会は「神と人とあいよかけよで立ち行くあり方を世界にあらわす」との天地金乃神さまの願い(御神願)を実現していく拠点として活動しております。お広前は、御取次によって、参拝してくる人々の願いやお礼を神さまに取次ぎ、信心となる生き方を教え伝えていく信心の稽古場所であります。

当教会はどなたにも、いつでも門戸を開けております。人は生きていく中で、さまざまな問題に出合い、時には、これからどう生きていけばよいのか、その方向さえも見失ってしまうことがあります。そういう時、金光教の教会を訪ねてみませんか。
教会では、先生(金光教教師)が、あなたの悩みや願い事を、神さまに取次ぎ、あなたの助かりを祈ります。

教会長 三宅道人