晴天の下に仕えられた御神願祭

2月11日、常盤台教会お広前お道開き記念の日、御神願祭が教会長祭主の下、厳かに執り行われました。前日から夜半にかけての降雪は、朝日とともに溶け、当日雪の予報でありましたが晴天となり、祭典日の参拝者は交通機関等の支障なく参拝できることとました。新型コロナウィルス感染症 まん延防止重点措置実施下、無参拝でのご祭典は午前6時から仕えられ、その様子はライブ配信されました。

祭員退下後、吉備舞「朝彦」が奉納されました。歌詞のごとく昇る朝日の光が世を照らしていくという奉納舞は、丁度日の出の時刻にお供えされました。吉備舞奉納後、教会長のご教話をいただきました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。